• イヌワシの保護活動とワシ羽矢

    3月9~10日イヌワシ祭り参加

    モンゴルの冬の観光の一つである「イヌワシ祭り」は、2024年3月9~10日にウランバートル市郊外のチンギシン・フリー観光複合施設で14回目の開催となりました。毎年恒例のイーグル フェスティバルのほとんどの活動は競技会とし …

    続きを読む


    渓仁会日誌~石狩と弓道㉒

    ヘラジカの角やマンモスの牙の輸入を行っている間も、アルタイ山脈の鷹匠文化と日本弓道文化の鷲羽根を通しての交流、モンゴル国環境省や農牧局、モンゴル大使館、ジャイカ等の人脈作りを続けた。2000年にモンゴル国がワシントン条約 …

    続きを読む


    渓仁会日誌~石狩と弓道㉑

    ヘラジカの角とマンモスの牙の輸入を終えた。 数年間ロシア.モスクワ.ヤクーツクとモンゴル.ウランバートル.アルタイ山脈.ウルギ-と訪問し続けた。ヤクートにはモスクワから、モンゴルは直接行き帰りは中国に寄って内藤敬先生が1 …

    続きを読む


    渓仁会日誌~石狩と弓道⑳

    「11月にアㇺステルダムからの直行初便が新千歳空港に開通予定」との記事が7月初旬の日本の新聞に載った。その便にのせることが出来れば、石狩までマンモスの牙を運べるはずだ、準備に取り掛かる。 サハから帰国時、ペーチャ氏が別れ …

    続きを読む


    渓仁会日誌~石狩と弓道⑲

    ヤクーツクにモスクワ経由で向かった。アレクセーエフ大臣に会うと「マンモス牙の輸出の件で(株)サルダ―ナ(ユリの花)社長スピリドノフと会って下さい。」と言われた。マンモスの牙の輸出に関しての商談だった。「牙(原木と言う)が …

    続きを読む


    No Image

    渓仁会日誌~石狩と弓道⑱

    悪い事は重なる。イルクーツク空港に着きトランクが最後まで出て来ない。原因が解らない、空港スタッフに何度も説明を求めたが「出て来ないのはイルクーツク空港の責任ではない。」と言うだけだった。 ホテルに行き通訳をようやく見つけ …

    続きを読む


    渓仁会日誌~石狩と弓道⑰

    サハ訪問 モスクワ大学にて短期留学を終えヤクーツクに向かいました。 ヤクート空港にアレクセーエフ大臣とナゴビーチンスポーツ大臣ペーチャ大統領報道官が待っていました。翌日午前大臣室でイヌワシ飼育の調印資料をお互いに確認した …

    続きを読む


    No Image

    渓仁会日誌~石狩と弓道⑯

    オイゲンヘリゲルの記事    1960年代新聞紙上にドイツの哲学者「オイゲンヘリゲル」が掲載された。父末吉は読み終え「帰国、敗戦と苦労しただろう」暫く言葉が途切れ「よく弓道を忘れないでいてくれた」松本金義と共に神奈川から …

    続きを読む


    No Image

    渓仁会日誌~石狩と弓道⑮

    執行猶予付き有罪 町長辞任 町長辞任後貯金は電話代金用の35万数千円が通帳に残った。公宅を出て花川北に借家を借りた。翌月から支払いに困窮した。石狩新港に進出した運輸会社が副業にキノコの栽培を行っていて妻の郁子はアルバイト …

    続きを読む


    No Image

    渓仁会日誌~石狩と弓道⑭

    ビックフオーレスト大林照夫氏        江別市大麻でカフェ「ビックフォーレスト」オーナーの大林氏と知り合いました。大林氏は札幌市役所勤務時代から環境保全に配意し市内の河川に失われた蛍再生を手掛けて餌のカワニナを自分の …

    続きを読む